4分間のマリーゴールド2話ネタバレ!藍が特殊能力に気付いてしまう?

スポンサードリンク

 

TBSの金曜ドラマ4分間のマリーゴールドは2話が放送されました!

今回は主人公の福士蒼汰演じる花巻みことと、横浜流星演じるみことの義理の弟 花巻藍との兄弟シーンが多かったですね!

みことが持っている特殊能力、

”手を合わせた人の最後の瞬間が見える”

という、その事実を藍に打ち明けることになった今回ですが!!

4分間のマリーゴールド、2話の放送のネタバレをまとめていきたいと思います〜!

⇒4分間のマリーゴールドはParavi独占配信!無料で今すぐイッキ見はこちら

「4分間のマリーゴールド」2話のネタバレ!かずえちゃんの存在とは?

今回の2話の放送で、みことの”手を合わせた人の最期の瞬間が視える”という能力を藍に伝えることになったきっかけには、ひむらかずえさんというおばあちゃんの存在がありました。

その”かずえちゃん”は、息子さんを急な心不全で亡くされていて、毎年その時期になると、得意の料理を誰かに食べさせたく救急隊をしきりに呼んでしまうとのこと。

そのかずえちゃんが、今回重要な鍵を握ってくるので、まとめていきたいと思いなす!

救急隊には”食べない?おばあちゃん”と呼ばれる

ひむらかずえさんは、この時期になると、緊急でなくても救急車を呼んでしまい、そして救急隊に手作りの料理を”食べない?”と言ってくることで有名なようです。

その理由はとても切なく、かずえちゃんはこの時期に自身の息子さんを心不全で亡くされているので、この時期になるとそれを思い出し、寂しくなり

息子さんが好んで食べてくれていた手料理を誰かに食べさせたく、救急隊のお兄さんを呼んでしまうとのこと。

一人暮らしのご高齢で、息子さんのことを想い寂しくなってしまう気持ちを想うととても切ない気持ちになりますね。

ですが、緊急性がないのに頻繁に救急隊を呼ばれてしまうと、本当に緊急な患者さんへの対応が遅れてしまうこともあるので、気持ちは分かるけれども、むやみに救急隊を呼ばないようにと注意しないといけません。

かずえちゃんは藍と知り合いだった?!

みことが、藍とスーパーに買い出しに行ったとき、藍とおばあちゃんが偶然会い、挨拶を交わします。

なんとそのおばあちゃんは、みことの職場で有名な、”食べない?おばあちゃん”のかずえちゃんだったのです!

聞くと、かずえちゃんは藍の料理の師匠とのこと。

藍が日々家族のために作ってきた料理の味は、なんとかずえちゃんの味だったようです!!!

みことは知らず知らずのうちに食べない?おばあちゃんの味を毎日食べていたわけですね♪

かずえちゃんもみことが救急隊で、そして藍のお兄ちゃんということを知らされます。

外の公園で、みことと藍がおばあちゃんの手料理を”おいしい、おいしい!”と言って食べるシーンはとてもホッコリしましたね!

”喜んでご飯を食べてもらえると、元気が出る。”

”食べなければ生きていけない”

”生きていなければ食べられない”

かずえちゃんのこの言葉は、息子さんを亡くしてしまったこともありとても心に響く言葉でした。

藍とかずえちゃん出会いのきっかけ!

藍は、学校に馴染めず、いじめられていた時期があったとのこと。

藍がみこととかずえちゃんと一緒にいるシーンでも、同級生と思われる生徒におばあちゃんと一緒にいることをからかわれていました。

みことは表にその辛さを出さなかったので家族に気づかれなかったものの、結構しんどかったと当時を振り返っています。

そんな頃、まっすぐ家に帰る気にならず、公園で時間を潰していたときに出会ったのが、”かずえちゃん”でした!

かずえちゃんは藍にお手製の料理を食べさせ、元気づけ、落ち込んでいた藍を救ってくれた唯一の存在だったようです。

身近な人に言えない悩みも、見ず知らずのひとの方が言いやすいことってありますよね♪

かずえちゃんは、息子さんを亡くした悲しみにいたところ

美味しがって手料理を食べてくれて、料理を教わりに家に遊びに来てくれる愛の存在に救われていたんだと思います。

2人の出会いは運命的でしたね!

2人が出会えて本当の良かったと思います。

藍がみことの特殊能力に気づく

いつものように藍がかずえちゃんの家に遊びに行ったとき、インターホンを鳴らしてもなかなか出てこず、出してくれた料理の味もなにかおかしい。

かずえちゃんの様子がおかしいことに気づいた藍は、救急車を呼び、勤務中のみことが救急隊のみことがかずえちゃんの家に駆けつけることとなりました。

かずえちゃんが倒れる

かずえちゃんの異変は、

  • 耳が聞こえづらく、藍が押したインターホンに気づかなかった
  • 料理の味がよく分からず、煮物がしょっぱい味付けになっていた
  • 具材の大きさがばらばらだった
  • 体がしびれる

様々な異変を目の当たりにして、ベッドに倒れ込んだかずえちゃんを見た藍は、”それってやばいやつなんじゃないの?”と言い、救急車を呼び

そこに勤務中のみことが駆けつけることとなりました。

みことの特殊能力発揮!

みことは、手を合わせた相手の”最期の瞬間”が視えるという特殊能力をもっています!

1話でもその能力を使い、その人の悲しい未来を変えようとしたみことでしたが、残念ながら視えた未来を変えることはできませんでした。

今回、家で倒れたかずえちゃんを、かかりつけの病院

”高科第一病院”に搬送しようとする救急隊ですが、みことが視たかずえちゃんの未来は

”急性硬膜外血腫”という病気で、息を引き取ってしまうというもの。

搬送しようとしている”高科第一病院”では脳神経外科がなくその治療の処置に向いていないので、みことは設備の整った”青波総合病院”への搬送を上司に勧めるも、

医者でもないみことの急な提案には乗ってくれず、かずえちゃんはかかりつけの高科第一病院に搬送されてしまうのでした。

人の命をかけた未来が分かっているのに、周りに本当のことが言えず、中途半端に伝えることとなり、真実を伝えられないなんてとってももどかしいですよね。

みことの言うとおり

藍は、高科第一病院に搬送されたかずえちゃんに付き添うことに。

みことは勤務に戻りましたが、結局かずえちゃんは病院で”急性硬膜外血腫”と診断されて、この病院では処置ができず設備の整った青波総合病院に搬送されるという説明を受けます。

救急車で搬送中も付き添っていた藍は、みことが車内でまったく同じことを言っていたことを思い出します。

そして、みことも青波総合病院にかけつけましたが、2人の願い虚しくかずえちゃんは帰らぬ人となってしまいました。

2人はこのことを振り返りながら、最初に救急搬送している時点で、

みことはなぜかずえちゃんの病名が分かったのか、医者でもすぐに分からなかったのに、、

そしてかずえちゃんが亡くなる前に、亡くなることを知っていたかのような発言をしていたことからも、みことは未来が分かるのか?という疑問をぶつけます。

打ち明けた特殊能力

最近何かと健康志向になって様子がおかしいみことと、公園でかずえちゃんと3人で話してるときに藍のことを茶化してきた同級生のことなどで

お互いを心配し合い、

”何かあるなら話聞くからね”

”なにかあるならそっちこそ話してよ”

と話し合っていた藍とみこと。

そんな間柄な2人。

大切な存在のかずえちゃんを亡くしたばかりの藍に、ついにみことは自分のもっている特殊能力についてカミングアウトします。

”手を合わせたひとの最期の瞬間が視えること”

”かずえちゃんの病名も、結末も、その能力により分かっていたこと”

それを打ち明けた藍は、”かずえちゃんのために、ありがとう”と、深々と頭を下げてお礼を言いました。

藍が、”俺たちの未来も視えるの?”と聞くと、みことは、

”身近な人のは視ないようにしてる”と答えました。

本当は義理の姉である沙羅の未来を視てしまったことを悩んでいますが、そんなことは弟の藍になかなか言えるものではないですよね、、。

ちなみに、みことが愛犬シロと手を合わせてみたところ、、

犬の未来は視えないようでした!!!

「4分間のマリーゴールド」視聴者の反応は?

4分間のマリーゴールド2話の放送が終わり、ネットでは様々な声が上がっているようです!

みことと、藍がメインだった今回のストーリー。

かずえちゃんを想うみことと藍の気持ちについ共感して涙してしまった方も多かったようです!

福士蒼汰さん、横浜流星さんと2人の演技がとても上手だったこともあり、ついつい感情移入してしまいした。

そして、料理シーンも評判なようで、、、

花巻家の料理担当!!藍くんの手料理が話題になっています!

男子高校生でいて、家族の料理を作っていて、

さらにそれがとても美味しいということで、、!

今回は、その藍の料理の師匠・かずえちゃんについてのストーリーだったので、藍の料理シーンがより目立って見えましたね♪

横浜流星くんのファンで、普段家族のご飯をつくっている主婦の方は流星くんの料理シーンに萌えたり、元気をもらったりしたのではないでしょうか、、!

イケメンの流星くんに影響されて、ドラマと同じメニューを作ってしまったという方もいるようです。

今後の放送でも藍の作るメニューが話題になってくるかもしれませんね!!

4分間のマリーゴールド2話ネタバレ!まとめ

4分間のマリーゴールド2話について振り返ってきました!

今回はみことの義理の弟・横浜流星演じる花巻藍の恩人であるかずえちゃんについてのお話でした。

みことの”手を合わせた人の最期の瞬間が視える”という特殊能力で、藍の大切な人の未来が視えたにも関わらず、またしても悲しい結末に終わってしまいましたね。

今回みことは藍に、兄弟で唯一自分の特殊能力について告白することができました!

今まで誰にも言えずに抱えこんできた悩みを打ち明けられて、みことの気持ちは楽になったことと思います。

これから物語がどのように進んでいくのか、展開がとても楽しみです!!